カテゴリー別アーカイブ: 仏壇の修理

仏壇の修理作業を紹介するブログ。

愛知県稲沢市に仏壇の修理に伺いました。

1月18日愛知県稲沢市のY様宅に仏壇の電動開閉器の修理に伺いました。
お正月にお電話を頂きまして「お厨子の緞帳が途中で止まってしまい、付随するお厨子扉も開閉が出来なくなり、大変不便を感じているとの事。近くの仏壇屋さんにの問い合わせたんですが、修理を断られたとのことで、息子さんがネットで業者を検索。」当社に依頼を頂きました。
正月休み明けのお客様のご都合にあわせて本日訪問させていただく事になりました。
役40年前に電動厨子が登場し、それからしばらくして劇場の緞帳が上下に開閉する緞帳扉は爆発的に流行りましたが、その後の故障が多いのがネックになり、その後のスライドオープンにとって変わられる事になります。

創価学会仏壇の修理

今回その緞帳が故障とのことでお客様宅に伺い、早速仏間に御安置された仏壇の天上部を外し、確認したところ緞帳の巻き上げ機の板バネが切断し、緞帳に巻きついていました。

緞帳機の修理と調整

仏壇の蛍光灯の取替え

仏壇用LEDランプ

LEDランプを取り付け

創価学会仏壇にLEDランプ

創価学会仏壇にLEDランプ

緞帳機の部品交換修理は可能ですが、送料はメーカー修理を依頼するとそれなりの費用が発生し、治しても再度故障を起こす場合も少なくないため、緞帳機を停止し外の厨子扉だけで開閉できるよう配線の変更をおすすめしました。こちらの方は調整代だけで済み、開閉ボタンをおしてすぐ唱題を開始する事が出来ます。
合わせて現在照明器具の主流であるLEDランプに変装することもおすすめさせて頂きました。

 

通常取り付け手数料に5000円を頂きておりますが、調整作業と同時に進めさせていただき、取り付け手数料はサービス、器具代だけ頂きました。
困った事にLEDランプを取りつけるスペースがなく、既存の蛍光灯の部品を外しベースを利用し、取付けをさせて頂きました。
今まで、途中で止まってしまった緞帳に邪魔され、一部しか拝見できなかった御本尊様の全身を拝む事ができ、狭い空間に体をいれて蛍光ランプを交換する手間から開放されたY様は大変喜んでおられました。

 

仏壇の故障、修理でお困りの方はここをクリックして下さい。

創価学会仏壇の修理(オーバーホール)を依頼されました。

本日は、豊田市北部のK様宅へ仏壇の修理に伺いました。
先日、仏壇の厨子板にカビが出ているので、交換して欲しいとの依頼をいただきました。K様にはお念球の修理を依頼させた折、今回の仏壇に関してお問い合わせをいただきました。
訪問させていただいた時、仏壇を撮影したのが下の画像です。厨子板にまだら模様のカビのようなものがわかると思います。仏壇厨子板のカビ
交換するための厨子板を製作しなくてはいけないので、寸法を計るため仏壇の背板を剥がしました。
仏壇のほかの箇所も点検してみると、厨子扉の蝶番が破損しており、右側の扉は1枚の蝶番で固定されているだけでぶらぶらの状態、また、大戸の障子の羅紗も汚れて破れており、年数も相当経っているようなので、一応お買い替えの提案をさせていただいたのですが「親が当時苦労しながらの生活の中で購入した仏壇なので、自分たちの代では使って行きたい」とのこと。それでは、予算の範囲内で出来るオーバーホールをお願いしますとのことで、厨子板の交換、厨子扉の蝶番の付け替え、障子の羅紗の張替え、LED照明の取り付けを依頼されました。
厨子板は、仏壇メーカーに製作を依頼しないといけないので、厨子板の寸法を計るため、仏壇の背板を剥がしましたが、気がついたのが、厨子板の金板の部分が金属板であり、カビではなく錆だったようです。
当時の仏壇では、多くはこの部分に金紙が使ってあるので、珍しい作りだと思います。後日出来上がった厨子板を再度訪問させていただき取り付けることになりました。

御客様のお宅の近くには、地元の地域で管理され足湯の施設があり、無料で入ることが出来るそうです。本来なら、少し足湯に浸かっていきたいところですが、これから、お店に帰ったあと、三重県桑名市へ仏壇の買取りがあるので、次回お邪魔した時のお楽しみとして、写真だけ撮影しました。

IMG_6380