カテゴリー別アーカイブ: ニュース

中古仏壇宝塔黒檀の発売です。

極上創価学会SGI中古家具調仏壇の発売開始です。
現行発売商品の宝塔黒檀。今では黒檀は廃盤商品になっており、かえって貴重価値のある創価学会仏壇です。
重厚で存在感のある黒檀(プリント木目)に光沢のあるウレタン全面塗装を施し、現代的な家具調仏壇に伝統型仏壇の落ち着いた佇まいをプラスして高級感のある創価学会家具調仏壇に仕上がっています。
内部照明ももともとあった蛍光灯から現在主流のLEDライトに付け替え明るさと省エネをアップしました。
仏壇は8年の使用年数にも関わらず前オーナー様が大切に御安置していたので大変綺麗な状態で、ほとんど傷も無くアウトレット級の中古仏壇です。
埼玉県川口市のA様より、自宅をリフォームするに当たり厨子型の仏壇に買換えたいので買取のお申込を頂きました。
仏具も使用感のほとんど無い綺麗な状態で花瓶は現在一押しのクリスタルガラス製の花瓶をお付けします。中古仏壇につき在庫1本限り、早い者勝ちとなりますのでお早目の御検討をお勧めします。
お申込はこちら

中古厨子型仏壇タガヤを発売です。

創価学会中古厨子型仏壇の販売を開始しました。 スタンダードな経机が収納できる厨子型仏壇です。

素材は鉄刀木(タガヤサン)です。厨子扉の彫金金具がワンポイント輝きます。

仏具は、中古品のままなら、¥65,300です。但し仏飯・茶湯器はPC製の新品をお付けします。

なお、¥89,800で新品仏具セット、軽くて扱い易いアルミ製の基本仏具優雅の基本セットと仏飯・茶湯器を載せる天目台と御供物台(木製2点仏具)にグレードアツプできます。仏壇の状態は、キズや使用感、白ボケがあり、お値段重視のB級中古仏壇とさせていただきます。

中古仏壇は限定商品で、売れ筋が早く、早い者勝ちの1本限りです。もしかしたら、このブログを目にされている頃には既に売り切れになっているかもしれません。その時は、ご容赦下さい。

 

中古厨子仏壇タガヤ

 

お店で創価大学発「創輝王」が好評です。

5月14日から17日まで、仏壇ギャラリー豊泉堂の隣の、創価学会豊田文化会館では、世界広布新時代第11回本部幹部会の同時中継が開催されています。3ヶ月ぶりの開催で、4月の大勝利の喜びの中、多くの学会員の皆さまが晴々として参加されています。先回、このブログでも紹介させていただきましたが、創価大学で開発された新種の桑のは「創輝」えお原料に青汁として発売された「創輝王」を仏壇ギャラリー豊泉堂で発売を開始しました。

桑の青汁「創輝王」

今回は、同時中継の開催に合わせ、転倒でその、創価大学発「創輝王」の試飲会をさせていただき、多くの学会員の皆さまに「創輝王」を知っていただく機会になればと思います。3日間で多くの方々に

創価大学発創輝王ののぼり

創輝王の試飲会の様子

 

 

 

 

 

 

 

好評桑の葉の効果は、広く知られていて  妻が「豊泉堂で創価大学の青汁が売っとった!と聞いて買いに来たよ」とわざわざ車を飛ばしご購入にみえた壮年の方もいらっしゃました。

お陰様で、「創輝王」を多くの方々にご愛用いただけることになり、姉妹商品の

桑茶や桑茶飴も大好評でした。

創価学会厨子型仏壇先明パーロッサの発売です。

創価学会厨子型仏壇先明パーロッサの発売を開始しました。先行に販売した、ホワイトアッシュ、黒檀に引き続いて、シリーズ最後のパーロッサです。

創価学会厨子型仏壇先明の3シリーズ

ホワイトアッシュ・パーロッサ(紫檀)・黒檀

パーロッサとは、アフリカや東南アジアを原産とする木材で、紫檀の一種でもあります。創価学会会員様未向けの厨子型仏壇先明は、厨子型仏壇でありながら、オール天然木目を使用しており、一部無垢材も使用するなど、贅沢な仕上げながら、驚きの低価格¥398,000(税込み)を実現しました。もちろん、仏具がオール込みで、人気のクリスタルキャンドルホープを基本としたクリスタルガラスの仏具セットや定番の銅器仏具セット3種の中から、計4種類の仏具セットの中からお好きな仏具をお選びいただけます。詳しくは下記クリックしてご覧ください。

先明ホワイトアッシュ

先明パーロッサ   

先明黒檀 link

創価学会仏壇専門の仏壇ギャラりー

 

創価大学が開発した桑の青汁「創輝王」を販売開始です!

この度、創価大学理工学部で開発された桑の青汁「創輝王」の販売を開始しました。

あり桑青汁「カラフル王」

「創輝王」とは、平成8年、創価大学工学部(現理工学部)の元教授で農学博士の押金健吾氏が開発した大桑の新品種「創輝)を原料とする健康飲料の青汁。氏は、50年にわたり中国の研究機関と共に、桑の研究に尽力。”桑の潜在能力がさらに輝き(価値)を増す(創出)との意味が込められているとのこと。桑の葉が大きく肉厚で、成長が早く、各種ミネラルや糖分の吸収作用を緩やかにするなどの効果があるとか。 その創価大学の研究成果を受け、大学発のベンチャー企業「創輝株式会社」を設立。「創輝」の葉を使った食品の生産と商品と開発・販売を行い、創価大学工学部が進める産学官連携事業の一環で、研究成果を社会のために役立てようとの目的。 (聖教新聞 平成20年7月12日付 )

コニカミノルタデジタルカメラ

創価大学がある、東京都八王子市は、かって絹織物や養蚕業が盛んな地域だったそうで、蚕のえさとなる桑の木が多く育てられ「桑都(そうと)」と呼ばれていたとも。そんな、地域振興のブランドとしても期待されているようです。現在八王子市内の7軒の農家で栽培されていて、地元農家のボランティアと創価大学の学生有志のみなさんが手伝いっているそうです。

そんな「創輝」を原料とする桑の青汁「創輝王」と関連商品である「創輝桑茶」、「創輝王 桑の飴」などの健康商品を仏壇ギャラりーで扱うことになりました。先日、わざわざ東京より、「創輝株式会社」の高橋さんがお店に営業でおみえになり、商品の魅力を熱く語っていただきました。

私も、大学はもとより、地元の農家とも連携をとり、地域発展のための事業を展開された「創輝」のプロジェクトに感銘をうけ、また、日頃より、地域広布のために、朝な夕なに、精一杯活動されている学会員の皆様の健康のための一助になればとの思いで、微力ではありますが、お手伝いさせていただきます。

次回は、そんな「創輝王」の効果について紹介したいと思います。