愛知県豊田市に本三方会館型仏壇黒檀を納品しました。

1月24日、愛知県豊田市のI様宅に創価学会厨子型仏壇の

本三方会館型仏壇黒檀を納品しました。

昨年の秋頃I様がお店にご来店になり

仏壇の買い替えを考えているので

カタログを頂けませんか?

という事で、一通りのカタログを差し上げました。

12月に入り、I様とご主人様、ご子息も連れ立って再度ご来店。

一家でお店にご来店。

家族で話し合った結果

本三方会館型黒檀とあと一本

別の厨子型仏壇を候補に絞って頂きました。

あいにく、どちらの仏壇も展示してなかったので、以前当社のスタジオで撮影しておいた

ホームページ用の画像をモニターでご覧頂きました。

約30枚ほどの詳細画像があり、カタログの数十倍の情報量があります。

外扉が三方に開き、お仏壇をワイドに。

更にスライド式花台なので、御本尊の視界もバッチリ広くて取れます。

収納式の経机もワイドに、出し入れが出来る収納式のお供物台は、大変嬉しい機能です。

また、仏壇のお厨子の内部に大型LED照明を左右に配置し、

御本尊様を明るく照らします。

そして今では希少価値の高い黒檀を使用しています。

とこんな感じでご説明をさせて頂き

本三方会館型仏壇黒檀に決定です。

早速、メーカーに問い合わせたところ

あいにく在庫がなく、年明けの1月末の完成との事。

本当なら、新しいお仏壇で新年を迎えて頂きたかったのですが。

I様にはまことに残念ではありますが

今しばらくお待ち頂くことになりました。

その後、年末に師走のご挨拶に伺いました。

明けて、待ちに待ったお仏壇の完成の連絡がメーカーより、ありましてI様と納品日の打ち合わせ。

1月24日(日)の納品が決まりました。

御約束の夕刻に愛知県豊田市南部にお住まいのI様宅に到着。

朝から降っていた雨も

なんとかギリギリのタイミングで

止みました。

古いお仏壇を丁重に家の外に運び出し

新しいお仏壇を運び出す入れます。

仏壇と下りかまちと高さがギリギリのため

傷が付かないように下台と上台をシートで養生。スタッフと呼吸を合わせ慎重に設置します。

最後に仏具を設置して納品完了。

I様ご夫婦より、「想像したよりも何倍も素晴らしい仏壇です。光沢も綺麗であまりに立派過ぎて身の丈にに合うかしら。」と感嘆の声を頂きました。

「決してそんな事はございませんよ。御本尊に最高のお仏壇へ移って頂き良かったですね。そのI様のご信心が尊いですよ」

1時間ほどで納品作業を終え

お店に戻りました。

I様この度は当仏壇ギャラリーで

お仏壇を購入して頂きまして

誠に有難うございました。

創価学会厨子型仏壇本三方黒檀
創価学会厨子型仏壇本三方黒檀
創価学会厨子仏壇本三方のお厨子
創価学会厨子仏壇本三方の採光厨子

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です