愛知県豊田市に大河収納型黒檀を納品しました。

7月16日に愛知県豊田市南部にお住まいのK様より、「お仏壇を見たいのだけど今日お店に伺って宜しいですか?」とお電話。

毎週木曜日はお店の方はお休みを取らさせて頂いておりますが、

「かしこまりましたました。お店を開けておきますので、ご来店をお待ちしております」とお答えしました。

お昼前にお友達の方のお車でご来店。

展示中の商品を見て頂いている最中、

実際にお仏壇を納める仏間の大きさや

お部屋の広さをお聞きしたところ

結構な広さがあり、家具調仏壇はおろか

展示中の厨子仏壇でも合わない事がわかりました。

取り敢えずカタログで候補を選んで頂き

数点の商品の価格を出させて頂きました。

後日、計算書を持参してお宅にお伺いしますので、仏間の確認をさせて頂くお約束を頂きました。

後日、K様のお宅を訪問させて頂きました。

ご友人の方も同席。

当初、K様のご家庭の事をすごくご存知で、親しそうに色々とアドバイスを差し上げる 様はK様とご兄弟なのかな⁈

と思い違いをするほど親しい間柄です。

仏壇が欲しいと 様に相談したところ、「それなら、豊田文化会館横の豊泉堂に行ってみれば?

私が連れてってあげると」と

当店をお勧めして頂きました。

お部屋にお邪魔してみると

和室で20畳程はあるでしょうか。

仏間も間口は1間あり

かなり立派な佇まいです。

当初進めさせて頂いたお仏壇では

少々心もたないサイズで

カタログの中でも経机収納型の厨子仏壇では最大級の大河ではどうでしょうか?

と言う事になりました。

タブレットを持参しておりましたので

大河の画像を何カットかご覧頂きました。

細部の拡大写真とかカタログではとても網羅し切れない内容を画像ではありますがこうしてお客様に情報を提供できる事は便利です。

ほぼ大河黒檀に候補が決まり、即メーカーに確認したところ在庫もOKとの事なので

頑張って割引価格を提示、御成約を頂く事ができました。

K様ではお義理のお母様がご家族で一人純粋な信心を貫かれ、その姿を見てK様が御本尊様を継承してこられたました。

学会の活動には消極的な御主人様は

「仏壇の事は全てお前に任せるから」と

今回後押しをして頂けたそうです。

後日計算書をお届けさせて頂いたおり

納品日のお約束はお盆過ぎの休日でとなりました。

お約束の日

8月22日に納品致しました。

お仏壇の重量もあり

K様のご自宅の限界まで

階段を上がらないといけない為

合計3人で納品に訪れました。

まだまだ猛暑の故、汗をいっぱいかきかきでの納品作業でしたが、無事納品を終える事が出来ました。

実際に納めてみると

その威風堂々とした佇まいは

さすが大河です。

お宅仏間との納まりも

バッチリですね。

創価学会厨子仏壇大河黒檀1
創価学会厨子型仏壇大河黒檀

ご友人のK様も駆けつけて頂き

皆さんと喜びの中無事納品を終える事が出来ました。 K様この度は誠に有難うございました。

創価学会厨子型仏壇大河黒檀2
創価学会厨子型仏壇大河黒檀

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です