2017新作仏壇の展示会へ

10月4日、創価学会仏壇の2017新作展示会Ⅱ出席しました。唐木仏壇の全国有数の産地静岡で毎年開催されます。
静岡市内には、創価学会仏壇専門の製造メーカーが3社あり、今回は日帰りで全社を巡りました。あいにく東名高速道路の集中工事に当たりましたがルートを工夫し、ほぼ予定通りに一社目に到着。

展示会1

2017新作の創価学会仏壇

一社目のN社は業界最大手のメーカーで幅広いラインナップと商品数が特徴のメーカーです。二社目のT社は若いオーナーのイタリア仕込の斬新でモダンなデザイン開発力が魅力のメーカーです。
展示会2
3社目のY社は、比較的小規模のメーカーですが、丁寧で細かいところまでしっかり作りこんだこだわりの製品作りが特徴です。
展示会
3社3様の商品は、この仏壇業界に長く身を置く私にとっては、目を見張り飽きさせる事がありませんでした。
今年の傾向としては、まず創価学会会員様の様々な生活スタイルやニーズに合わせた最新の仏壇が豊富に展示されています。
伝統型では、伝統の製法を生かしたものや、本黒檀など希少な素材を使用した高級志向の仏壇。家具調タイプでは、時代のニーズに応えた椅子付きの仏壇やコンパクトでありながら高級素材や丁寧な作りを施したワンランク上の商品、また都会派志向のモダンでお洒落な家具調仏壇など各メーカーによる商品開発の努力の
逸品が勢ぞろいです。
展示会
仏壇ギャラリーでは、2017年新作商品を積極的に入荷し、店頭やネットショッピングでいち早く全国の創価学会員の皆様にお手ごろな価格で提供いたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です